あなたのジュエリーを本来の輝きへ 知っておきたいジュエリーの簡単なお手入れ方法|東京・千葉でジュエリーのオーダーメイドやリペア修理ならアキラジュエリー

あなたのジュエリーを本来の輝きへ
知っておきたいジュエリーの簡単なお手入れ方法

はじめに

ジュエリー

突然ですが、皆様に質問があります。
皆様がお持ちの、もしくは身に着けているジュエリーは、どのくらいの頻度でお手入れやクリーニングを行っているでしょうか。
この質問に対する答えは、人によって大きく異なるでしょう。

綺麗に保つために、自分が身に着ける度に何かしら気を使っている人もいれば、一度もお手入れを行ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。
身に付ける度、毎回ジュエリーのお手入れを行っている、と答える方はごく少数ではないでしょうか。
しかし、ここでお伝えしたいのは、普段着用する洋服を洗濯するように、ジュエリーにもお手入れが必要不可欠ということです。

大切なジュエリー、その一つ一つと一生のお付き合いをしていけるように、日頃からできるお手入れ方法をしっかりと学ぶことによって、買ったばかりのときのあの美しさを、永遠に保つことが可能となるのです。
ジュエリーの輝きを見たときに、自分が手にしたときの光景や記憶まで思い出せるような、その本来の輝きを蘇らせることができるでしょう。

自分でできる簡単なお手入れ方法

女性

ジュエリーのお手入れは、全てを専門の業者に依頼しなくても、ご自身でできることも十分あります。また、そこから得られる効果も、非常に高いものがあります。
さらに、その方法は簡単にできるものばかりです。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

身に付けたら拭く

タオル

ネックレスや指輪など、ジュエリーは、地肌に直接触れる場合が非常に多いです。
実際、目では確認できないだけで、使用後のジュエリーには汗や皮脂が付いていたり、女性であれば、化粧品などが付着しています。

多くの方が軽視しがちですが、これらの汚れは、長時間付着することによって、本来のジュエリーの輝きを奪っていく一つの原因となるのです。

これは、ダイヤモンドのような強い宝石の場合であっても、例外ではありません。特に、真珠など油に弱い石の場合には注意が必要で、汚れを長期間放っておくと、少し拭いたぐらいでは、本来の美しさに戻すことは非常に難しいでしょう。

今の輝きで留めておく、今という瞬間から、本来の輝きに戻すことが重要なのです。 このようなことを防ぐために行う方法は簡単で、ジュエリーを付けた後は、柔らかい布で表面を拭くということを習慣にしてみてください。これだけで、ジュエリーの傷みを抑えることが可能となります。
石によっては、これを何度か繰り返すだけでも、かなり綺麗になるものもあります。

それ以上にしつこい汚れのときは

女性

細かいデザインのジュエリーや頑固な汚れの場合、いくら入念に拭いても、取り切れない汚れが出てきます。
そのような汚れに対しては、自分で簡単にできる洗浄方法を試してみましょう。 まずは、洗面器に中性洗剤を入れて、水に薄めます。そこにジュエリーを浸け置きするだけです。そうすると、拭いただけでは取れなかった汚れが浮き出てきます。
これを行うことで、ほとんどの汚れは綺麗に取れるでしょう。それでも取れない汚れに関しては、その水に浸けた柔らかいブラシでこするようにしてください。

すすぎの際は、洗剤が残らないようにしっかりと水を切り、柔らかい布で拭き取ります。
エメラルドや琥珀などのように、水で洗えない宝石もあるため、水で洗浄を行う際は、自分の宝石が水に強い石なのかどうかを確認しましょう。
ダイヤモンド・ルビー・サファイア等の硬くて強い宝石、ゴールドやプラチナ等であれば洗っても大丈夫です。

ジュエリーを着けるとき、着けている時のケア

女性

当たり前の話かもしれませんが、ジュエリーは、自分の身支度が全て終わった後、最後に着けることが重要です。なぜなら、香水、またヘアスプレーなどがジュエリーそのものに掛かってしまうと、ジュエリーを傷ませる原因となるからです。 そのため、それらが全て終わった後に着けることで、そのような心配をしなくても済むでしょう。

また、着けている時にも、食事の際や温泉に入るときなどには面倒がらずに外すことによって、傷むのを防ぐことができます。 さらに、台所仕事をしているときにも、注意が必要でしょう。

急激な温度変化によって、ぶつけてもいないのに石にヒビが入るということは少なくありません。それ以外にも、変色など、石を傷めてしまう要因になるものとして、ジュースや漂白剤など、様々な要因があります。 身の回りのものに注意して、状況によっては、一旦外すということも心がけましょう。

保管方法

日陰

ジュエリーを美しく保つためには、保管の方法が鍵を握っています。 宝石は、種類によって硬さが大きく異なるため、硬度が違う宝石がこすれあうことによって、硬い石が柔らかい石を傷つけてしまうのです。

そのため、ジュエリーを無造作に入れておくのではなく、仕切りのあるジュエリーケースを使用し、個別に保管するのが理想的です。他にも、ジュエリーを劣化させる要因としては、室温や湿度、直射日光など様々なものがあります。
そのようなことを加味したうえで、直射日光の当たらない通気性の良い所を、保管場所に選択するとよいでしょう。

宝石、石、種類ごとのお手入れ方法

石の付いていないゴールド・プラチナ

ゴールド・プラチナ

金やプラチナは、年月が経つにつれて、また身に付ける回数が増えるにつれて、汗やほこりで表面が曇りやすくなってきます。
そのため、身に付けたら拭くということを徹底して、それでも取れなければ、洗剤を溶かした水に浸け置きするということを行ってみてください。

以前ほどの輝きはなくても、定期的にメンテナンスを行うことによって、見違えるほどの輝きを放つようになります。

ダイヤモンド

ダイヤモンド

ダイヤモンドは、硬度が高いために、石自体には傷が付きにくいでしょう。 しかし、油になじみやすい、という弱点を持っているため、定期的なお手入れを行わないと、皮脂や汗等ですぐに本来の輝きが失われてしまいます。

ダイヤモンドは、水に強い宝石です。頑固な汚れであれば、ゴールドやプラチナ同様、洗剤を溶かした水に浸け置きをすることによって、本来の輝きに戻っていきます。

エメラルド

エメラルド

熱に弱く、意外に脆い石です。
そのため、エメラルドをお手入れするときは、注意が必要です。
頑固な汚れがある場合でも、洗剤を溶かした水に浸けての洗浄は、絶対に行ってはいけません。

ご自身でお手入れする場合には、柔らかい布で拭くようにし、専門店に依頼してメンテナンスを行ってもらうほうが安全でしょう。

ルビー・サファイア

ルビー・サファイア

これら二つの石は、ダイヤモンドの次に硬度が高く、熱や薬品に対しても強いという特徴を持っています。
ダイヤモンドと同様の方法でお手入れが可能であるため、比較的扱いやすい石の一つといえるでしょう。

まとめ

ジュエリーのお手入れ方法といっても、石ごとに特徴が異なります。
そのため、石によってお手入れ方法も異なる、ということが分かっていただけたのではないでしょうか。
石によって、汚れが付着して時間が経過していても、お手入れによって元の輝きに戻るもの、気を使ってお手入れしなければ本来の輝きに戻らないものなど、大きく変わってきます。

ジュエリーの一つ一つとあなたが、共に末永く歩んでいけるように、ぜひ丁寧に、大切に扱ってみてください。

千葉県にある当店では、ジュエリーのオーダーメイド制作やリフォームなどを手掛けております。
熟練の職人が長年の実績と経験を活かし、お二人だけの特別なジュエリーを生み出します。オーダーメイド制作の他に修理リメイク、リフォーム、リペアなども行っておりますので、ジュエリーに関することならお気軽にお問い合わせ下さい。東京からの制作依頼も承っておりますので、オーダーメイドジュエリーをご検討されている方はぜひお越し下さい。

千葉でジュエリーのオーダーメイドなら【 AKIRA jewelry 】 概要

会社名 AKIRA jewelry - アキラジュエリー -
所在地 〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台6-5-1
電話番号 043-215-8757
お問い合わせ お問い合わせはこちらから
URL https://www.akira-jewelry.com/
業務内容 結婚指輪・婚約指輪などのオーダーメイドジュエリー制作、ジュエリーのリペア修理、ジュエリーリフォーム等。
説明 結婚指輪、婚約指輪のオーダーメイドは千葉の『AKIRA jewelry(アキラジュエリー)』にお任せください。ジュエリーのオーダーメイドの他に、ジュエリーリフォーム・リメイク、サイズ直しなどのリペア修理、オリジナル商品の制作・販売も行っております。店舗はJR総武線 稲毛駅から徒歩5分にあり、東京方面からもお越しいただきやすくなっております。ご来店をお待ちいたしております。

オーダーメイドジュエリーに関するコラム

意外と知らない婚約指輪と結婚指輪のこと大切な結婚指輪の選び方知っておきたい婚約指輪と結婚指輪の違い結婚指輪を選ぶ際に考えたいことジュエリーリフォームをする前に知っておきたいこと婚約指輪の保管方法婚約指輪に多い18Kとプラチナについての基礎知識日本における結婚指輪の歴史人気が高まる婚約指輪と結婚指輪の重ねづけジュエリーリフォームのタイミングについて婚約指輪と結婚指輪の上手なサイズの選び方あなたのジュエリーを本来の輝きへ知っておきたいジュエリーの簡単なお手入れ方法輝きを維持するために大切なジュエリーのメンテナンスいつがベスト?婚約指輪を購入する時期みんなの購入価格は?婚約指輪の相場
コラム集

UP