結婚指輪の作り方|千葉で婚約指輪・結婚指輪はオーダーメイド専門店のアキラジュエリーへ

結婚指輪の作り方

結婚指輪の作り方イメージ

結婚指輪には2つの作り方があるのはご存知でしょうか?

結婚指輪の購入にあたっては、お店を選んで気に入ったデザインを決めて購入する、といった流れかと思います。
ほとんどの方はご存知ではないかも知れませんが、実は作り方によって見た目は同じでも全く違う品質の物になるのです。

一般に売られているほとんどのジュエリーショップの結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)製法で作られています。
鋳造製法は型にプラチナや金を流し込んで型取りし磨いて仕上げる製法です。
主に大量生産向きでコスト削減になりますが、流し込んで作る為、地金(プラチナや金)の中には気泡が入り耐久性がありません。

鋳造製法についての図

鍛造(たんぞう)製法は伝統的な製法

貴金属を叩いて伸ばす繰り返しをし、金属を鍛えて作り強度も鋳造の3〜5倍位と言われているのが鍛造(たんぞう)製法です。
これは限られた技術のある職人のみが作れる製法になり鋳造の何倍もの時間がかりコストもかかりますので、
一般的に出回る製品ではありません。

しかし結婚指輪に関して言えば一生着ける指輪が曲がってしまったり、
サイズ直しが出来なかったりでは嫌ですよね。

当店はその限られた技術のある職人がいるお店です。

結婚指輪を購入する場合、デザインだけで選ぶのではなく、お二人で良く考え選択の一つとして頂ければと思います。

鍛造製法についての図
コラム集

このページを友達に教える

UP